LINE読者登録よろしくお願いします^^

こんばんは♪
キャラ料理研究家、momoです^^



先月の事ですが、近くのお菓子教室で
デコレーションケーキのレッスンを受けて来ました。



せっかくケーキを作るので
誰の誕生日でもないのですが
前日にキャラチョコプレートも作って。(笑)

tate

キャラチョコが大き過ぎて
肝心のケーキが上手に出来てるのか良く分かりません^^;



7年前にUPしたキャラチョコプレートの作り方、
未だにブログの中の人気記事となっているので
レシピも更新したいなと思っていたので
今回は動画を撮ってみました♪






すみっコぐらしのキャラチョコで解説です^^





【用意する物】
反転したイラスト

左右対称のキャラクターなら反転しなくてもOK。
今回のイラストの場合でしたら、“ねこ”の耳の模様を
反対に作ればそのままで大丈夫です。
(柄の位置なんて気にしないって方はもちろんそのままで!)



【材料】(今回のキャラチョコの大きさ12×7cm)
チョコペン(茶色または黒) 1本
チョコペン(キャラクターに合わせて) 適量
ホワイトチョコ 100g程度大きさに合わせて

※今回は使用していませんが必要に応じてチョコレート色素

※チョコペンは速乾性の固まるタイプのものを使用




【作り方】
1.反転したイラストをトレイにテープでとめ、
その上にOPPシートを重ねてテープで動かないよう貼り付ける。


2.茶色のチョコペンを湯煎で溶かしコルネに入れて輪郭を描く。
輪郭のラインが太いイラストならチョコペンそのままでも。


3.輪郭が描けたら色を入れて行く。
コルネでも竹串でもやりやすい方法でOK。

※色は絵の具の調合のようにチョコペンを混ぜて作ったり
チョコレート用色素を混ぜて作る。


4.絞り袋にホワイトチョコを入れて50度の
お湯に付けて溶かし、全体に絞って補強する。
全体に2~3mmの厚さになればOK。


5.しっかり固まったらOPPシートを剥がして
ケーキに乗せる。



【ポイント】
チョコペンを湯煎する温度は50度前後。
温度が高いと輪郭や先に塗った色が溶けて滲んでしまい
きれいに出来ません。


寒い時期はコルネの中でチョコがすぐに固まってしまうので
溶かしたチョコを小皿に出して竹串で描く方法も。



逆に暑い時期でチョコが固まらない場合は
一瞬だけ冷蔵庫に入れたり、氷を入れたバットの上に
乗せたりすると固まります。

但し、冷やし過ぎには注意!
反ってしまうので気を付けて下さいね。



輪郭は右利きの方は左から描くと
手で触って汚してしまう心配がありません。




はみ出した場合はすぐには触らず
固まってから、竹串の先でそっと修正します。




今まで作ったキャラチョコ色々。

page


クックパッドのつくれぽも500人以上の方が送って下さいました。

Cpicon お誕生日に*キャラチョコ*キャラケーキ by momo**

毎年お誕生日にリピして下さってる方も多くうれしいです♡
こちらのレシピも近日中に更新しようと思います^^



お菓子教室の話に戻りますが、
苦手なデコレーションケーキのナッペ、
先生に手取り足取りして頂き
すごく勉強になりましたー!




だからってすぐに上手に出来るものでは
ないのですけどね。



先生とスケジュールさえ合えば
デコレーションケーキのレッスンを
何度でも受けられるとの事なので
ナッペが上手になるまで習いたいなーと♪



新年号を迎えるこのタイミングに
何か新しい事を始めたいと思い付いたのが
お菓子を学ぶこと。
楽しんで続けて行きたいです^^





instagramもフォローして頂けるとうれしいです^^
Instagram


キャラ弁ランキングに参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、参考になりましたら
1日1回ポチっと応援をどうかお願いします♪


↓のバナーをクリックして画面が完全に開くとポイントが入る仕組みです。